ウスイホーム新築営業課 参事ブログ

nobuoblog.exblog.jp
ブログトップ

『木造校舎回帰』

今日は!!

毎日寒い日が続きますが、皆様如何でしょうか?

先日もお客様より、インフルエンザにかかったので打ち合わせの日程をずらして欲しい

とのご連絡を頂戴しましたが、今年はノロウイルスとインフルエンザが流行の兆しです。

お互いに手洗いとうがいを細めにして気をつけましょうね!(^o^)

今日は学校の校舎のお話です。

私が小学校に通っていた時代はもちろん校舎は全て木造でした。

毎日廊下を乾拭きさせられた事を今でも朧げに記憶しております。

冬の暖房も当時は石炭ストーブで暖を取っていた時代です。

この木造校舎ですが、最近は見直され鉄筋コンクリート造から木造校舎への回帰が

進んでいるそうです。

理由として最近では、木造の耐震性が高まり、国産木材消費の機運が高まった事から、

木造の新築が目立ち始めており、今では木造は20%を占めているとの事。

木造校舎は教育上の効果で『子供達が落ち着く』ことや健康面でインフルエンザなどの

流行を抑える効果があるそうです。

最近の調査では『木造校舎ではインフルエンザの学級閉鎖が1/3以下』とのデータも

あるとの事です。

これは木材の湿度調節機能が冬での乾燥を防ぐことでインフルエンザの流行を抑える効果が

あるのでしょうね!!(^o^)

更に、木の床は衝撃を吸収するので比較的安全性が高い上に結露しにくいので転倒が減るとの

利点もあるそうですよ。

住宅はもちろんですが、木造の建物の利点が見直される事は個人的にも嬉しい事ですね!!

最後に皆さんにお知らせです。

来たる2月15・16日の両日、湘南国際村にて建築家を10組お招きして

『第11回 未来をのぞく住宅展』を開催します。

入場無料ですので皆様、お気軽にお越しください!! お待ちしています。
by nobuoblog | 2014-01-27 15:57 | 横須賀注文住宅